23.食事療法のポイントを知ろう

更新日:

高血圧を予防・改善するためには、食事療法も大きな役割を担っています。

食事療法の3大原則…それは、「塩分を控える」「適度な食事」「バランスよく食べる」ことです。

塩分を控える

みなさんは、ラーメンのスープも一適残さず完食していませんか?しかしスープには、塩分が大量に含まれています。塩分の過剰摂取は、さらに血圧を上昇させる原因になります。「ラーメンを食すな」とは、いいません。しかし、スープを飲み干すことはやめるべきです。

また高血圧患者は「一日の塩分摂取量を6g未満に抑えるように」と、処方で言われます。

もちろん、それが実践できるのであれば問題ありませんが…ちなみに高血圧患者の私にとって、当初は厳しいものだったと…それが、率直な感想です。

適度な食事・バランスよく食べる

自分の適正体重をチェックしながら、適度な食事を心掛ければ、必ず高血圧の改善・予防、肥満防止に繋がります。そして栄養が偏らないように、炭水化物・たんぱく質・脂質・ビタミン・ミネラル・食物繊維など、バランスよく食べることが重要です。

…[・1日3回、規則正しく食事を行う ・腹八分目を実践する ・よく噛み、よく味わって食べる]…

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 23.食事療法のポイントを知ろう
[`yahoo` not found]

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-高血圧と食事療法について

Copyright© 高血圧を下げる治療 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.