16.降圧薬の副作用を知る

更新日:

例えば風邪薬や胃腸薬でも、飲み合わせというか副作用があります。

そして、降圧薬にも副作用があります。私たちは薬の副作用を知った上で、きちんと服用しなければなりません。

ここでは、降圧薬の副作用について触れてみたいと思います。

非特異的副作用

非特異的副作用は、降圧薬に限った副作用ではありません。中毒性・アレルギー性反応…つまり、特異体質の人に起こり得る副作用です。当然、このような症状が出た場合、すぐに服用をやめる必要があります。

特異的副作用

降圧薬の効き目が想像以上に強く出てしまった結果、その薬を服用している人に不都合な症状が出る場合があります。これを特異的副作用といいます。例えばカルシウム拮抗薬には、血管を広げる作用があります。しかし効き目が強すぎることで、顔が赤らみ血色が良くなることもあります。

私たちは薬を処方された時、医師や薬剤師に「どのような副作用があるのか?」「飲み合わせが悪いものがあるのか?」、しっかり聞く必要があります。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 16.降圧薬の副作用を知る
[`yahoo` not found]

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-薬物療法があなたを危険から守る

Copyright© 高血圧を下げる治療 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.