高血圧を下げる治療|運動・食事療法で効果的に予防対策

血圧とは、一体、何なのでしょうか。
血圧によって、何がわかるのでしょうか。
血圧とは血液が全身に送り出される時、血管にかかる圧力のことをいいます。
そしてこの圧力が、基準値以上で続く状態のことを高血圧と言います。
私たちに発症する病気の中で高血圧は、最も身近な1つかもしれません。
しかし、高血圧が身体に対して非常に怖い危険因子を持っていることは、あまり知られていません。
みなさんは、ご存知でしょうか。
○「自分の血圧が高い」かどうか、認識している人はどれくらいいるのでしょう。
○高血圧が「何故、サイレントキラー」と呼ばれているのか、その理由を知っている人はどれくらいいるのでしょう。
○高血圧が私たちの生活習慣とどれだけ密接な関係にあり、その不摂生がもたらす高血圧の怖さを知っている人がどれくらいいるのでしょう。
私たちが高血圧を発症した場合、必ず気にしなければならないことがあります。
それは、他の疾病との関わりです。
高血圧の状態が長く続いた結果、血液にどのような異変が表れ、それによって臓器にどのような影響を及ぼすのか…
そして、どのような合併症を併発する恐れがあるのか…
ここでは生活習慣から合併症まで、高血圧がどのように関わっているのか…
そして、高血圧をいかに改善・予防することができるのか、詳しくわかりやすい言葉で、みなさんにお届けできればと思っています。
このサイトを通じて、「高血圧を放置し続けると、どのような結果が待っているのか」、きちんとご理解頂ければと願っています。

カテゴリー別に高血圧について調べる

私たちの身体には、脈々と血液が流れ続けています。新鮮な血液は、心臓から指先1本に至る末端部分まで送り届けられます。

何度でも言います…「高血圧の自覚症状が出た頃には、生死に関わる病状が進行しているかもしれません。」…何度でも言います…「高血圧にも、程度の違いはあります。」…

「自分が気付かないうちに、高血圧になってしまった。」…高血圧とは、長年の蓄積(=生活の不摂生)によって発症する場合が多いといえます。

中高年層になると、大半の方が高血圧について不安を感じているではないでしょうか?仮に高血圧でなくとも、いつ症状が現れるかわからないことを考えれば健康維持法を行うべきです。

高血圧を予防・改善するためには、食事療法も大きな役割を担っています。食事療法の3大原則…それは、「塩分を控える」「適度な食事」「バランスよく食べる」ことです。

高血圧を予防・改善する時、食事療法や運動療法以外に、どのようなことが日常生活であるのでしょうか?最も注意すべき点として、ストレス&緊張が挙げられます。

通常、女性は男性に比べて血圧が低い傾向にあります。何故、女性の血圧は低い?…それは、女性ホルモンからエストロゲンが分泌されているからだと言われています。